こちらのページでは、aikoのPV/MP3一覧を見ることができます。


TOP > aikoのPV無料視聴動画

【aiko 明日の歌】□無料動画を見たい人のためのページ

aiko 明日の歌【明日の歌】 aiko
11枚目となるアルバム
「泡のような愛だった」に収録



くちびる

時のシルエット (通常仕様) aiko 「くちびる」
2012年6月20日発売 aikoのメジャー通算10枚目のオリジナル・アルバム『時のシルエット』に収録されている楽曲。
伊藤園「2つの働き カテキンジャスミン茶」CMソング。

ずっと

ずっと(通常盤)
aiko 「ずっと」

PV無料視聴曲 aiko 「ずっと」
2011年11月23日発売 aikoの29枚目のシングル。
テレビドラマ『蜜の味~A Taste Of Honey~』主題歌。

「ホーム」

恋のスーパーボール/ホーム(通常盤)
aiko 「ホーム」

aiko「ホーム」は、2011年5月11日発売のaikoの28thシングル

aiko「ホーム」は映画『阪急電車 片道15分の奇跡』主題歌。映画の主題歌に起用されたのは「向かいあわせ」に続いて2作連続。タイアップにあたっては、aikoが関西出身であることや、阪急電車を実際に利用していたことなどが考慮された

恋のスーパーボール

恋のスーパーボール/ホーム(通常盤)
aiko 「恋のスーパーボール」

aiko「恋のスーパーボール」は、2011年5月11日発売のaikoの28thシングル

aiko「恋のスーパーボール」はカルピス「カルピスウォーター」のコマーシャルソングであり、「桜の時」以来約11年ぶりの同商品コマーシャルソングとなった

「向かいあわせ」

向かいあわせ
aiko 「向かいあわせ」

aiko「向かいあわせ」は、2010年4月21日発売のaikoの27thシングル

東宝配給映画『ダーリンは外国人』主題歌。
前シングル「戻れない明日」から2ヶ月、アルバム『BABY』から1ヶ月足らずでのリリース。2005年の「スター」以来約4年半ぶり、通算3曲目となる映画主題歌である。

「戻れない明日」

戻れない明日
aiko 「戻れない明日」

aiko「戻れない明日」は、2010年2月3日発売のaikoの26thシングル

日本テレビ系テレビドラマ「曲げられない女」主題歌。
タイアップを巡っては同ドラマの主演を務める菅野美穂とaikoが同年代であることから主題歌が決定した。

嘆きのキス

milk/嘆きのキス
aiko 「嘆きのキス」

aiko「嘆きのキス」は、2009年2月18日発売のaikoの25thシングル

「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル エコーズ・オブ・タイム」のイメージソングとなっており、ファイナルファンタジー作品のイメージソングを務めたのは「星のない世界」に続き2作目。PVにはaiko自身がピアノを弾いている面を主とし撮影されている。この事はaikoが作曲を行う際、ピアノを使用することから影響している。なお、ピアノを主としたPVは「キラキラ」以来3年6ヶ月振りとなった。aikoとしては珍しく一人称が「僕」となっている作品。また、タイアップよりいち早く、aikoのパソコン版オフィシャルサイトで2009年新年動画として使われ、COUNT DOWN TV内のCMでも流された。

「milk」

milk/嘆きのキス
aiko 「milk」

aiko「milk」は、2009年2月18日発売のaikoの25thシングル

「ブリヂストン・アルベルト」のCMタイアップ曲。aikoとしては「星のない世界」以来のCMタイアップとなり、シングル曲のアルファベット表記の作品は前作「KissHug」に続き、2作連続である。PVに登場するソファには小さく「aiko」と刻み込まれている。

「KissHug」

KissHug
aiko 「KissHug」

aiko「KissHug」(キスハグ)は、2008年7月23日発売のaikoの24thシングル

井上真央主演の「『花より男子F(ファイナル)」の挿入歌であり、映画の挿入歌となるのは今作が初となった。
aiko曰わく「kisshug」とは、当時まわっていたツアー「Love Like Pop Vol.11」にて販売されていたTシャツに「×○×○」(英文の手紙末尾などによく使用される、×はキス、○はハグを意味している。)と言う文字が書いてあり、これが「キスハグキスハグ」を意味していたと言う。別名「つくしのテーマ」と題した曲でもある。[1]
PVは神奈川県横浜市、日本大通り周辺で撮影された。

「二人」

二人
aiko 「二人」

aiko「二人」は、2008年3月12日発売のaikoの23rdシングル

「横顔」

星のない世界/横顔
aiko 「星のない世界」

aiko「星のない世界」は、2007年8月22日発売のaikoの22ndシングル

前作「シアワセ」から約3ヶ月ぶりのリリースで、aikoでは初となる両A面シングル。
日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』の主題歌となった曲だが、9月5日放送分では同ドラマ中に、一度だけオンエアされた「横顔(ballade version)」が同ドラマ終了後、問い合わせが殺到し9月12日に着うた・着うたフルとして限定で配信された。その為、このバージョンはCD未収録バージョンとなる。[1]また、PVでは始めに「星のない世界」のサビの部分が喫茶店の店内に流れている。

「星のない世界」

星のない世界/横顔
aiko 「星のない世界」

aiko「星のない世界」は、2007年8月22日発売のaikoの22ndシングル

前作「シアワセ」から約3ヶ月ぶりのリリースで、aikoでは初となる両A面シングル。
ニンテンドーDSソフト『FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates』のイメージソング。

「シアワセ」

シアワセ
aiko 「シアワセ」

aiko「シアワセ」は、2007年5月30日発売のaikoの21stシングル

「雲は白リンゴは赤」

雲は白リンゴは赤
aiko 「雲は白リンゴは赤」

aiko「雲は白リンゴは赤」は、2006年7月12日発売のaikoの20thシングル

楽曲タイトルにあるように「雲は白」「リンゴ(飴)は赤」等、当たり前のことのように「あなたが好きである」という気持の表現であるとaiko本人が語っている。
aiko「雲は白リンゴは赤」のPVはZEPP TOKYOにて、オフィシャルファンクラブの会員を集めて、ライブ形式で撮影されている。撮影にはaikoのファンクラブ「BABY PEENATS」会員(約550名)が抽選で参加することができた

「スター」

スター
aiko 「スター」

aiko「スター」は、2005年11月30日発売のaikoの19thシングル

東宝配給映画『あらしのよるに』主題歌
「スター」は、「あした」以来7年ぶりの映画主題歌となった。この曲で第56回NHK紅白歌合戦に通算4度目の出場を果たした。aiko「スター」のPVの撮影は北海道・旭岳で行われた。

「キラキラ」

キラキラ
aiko 「キラキラ」

aiko「キラキラ」は、2005年8月3日発売のaikoの18thシングル

フジテレビ系ドラマ『がんばっていきまっしょい』主題歌。
aikoはこのドラマと「夏」をイメージに曲を作っている。
このドラマをイメージして制作されたTOYOTA・ポルテのCM中においても使われた。
aiko「キラキラ」のPVはaikoがピアノを演奏している場面を中心に撮影されているが、これはaikoが作曲を行う際にピアノを使うことが影響している。

aiko「三国駅」

三国駅
aiko 「三国駅」

aiko「三国駅」は、2005年2月16日発売のaikoの17thシングル

aiko「三国駅」のPV撮影は茨城県立取手松陽高等学校と神奈川県立三崎高等学校で行われた。
アルバム『夢の中のまっすぐな道』の「青い光」とどちらをシングル曲にするか最後まで迷ったという一曲である。

aiko「花風」

花風        (CCCD)
aiko 「花風」

aiko「花風」は、2004年9月1日発売のaikoの16thシングル

『1球の緊張感 THE LIVE2004』(日本テレビ)イメージソング
「花風」は第55回NHK紅白歌合戦で歌われ、通算3度目となる出場を果たした。

aiko「えりあし」

えりあし (CCCD) aiko 「えりあし」
aiko「えりあし」は、2003年11月6日発売のaikoの14thシングル
「えりあし」は通常Aメロから始まる曲だが、紅白歌合戦などテレビでこの曲を披露する場合はサビから曲が始まる。

「アンドロメダ」

アンドロメダ
aiko 「アンドロメダ」

aiko 「アンドロメダ」は、2003年8月6日発売のaikoの13thシングル

「蝶々結び」

蝶々結び
aiko 「蝶々結び」

aiko 「蝶々結び」は、 2003年4月23日発売のaikoの12thシングル

「蝶々結び」は、"彼の靴の紐を結んであげれるくらい、近しい関係になりたい。"と言う意味とaiko本人が語っていた。

「あなたと握手」

あなたと握手
aiko 「あなたと握手」

aiko 「あなたと握手」は、2002年4月24日発売のaikoの10thシングル

「おやすみなさい」

おやすみなさい
aiko 「おやすみなさい」

aiko 「おやすみなさい」は、2001年11月21日発売のaikoの9thシングル

テレビドラマ『さよなら、小津先生』(フジテレビ)エンディングテーマ
前作「ロージー」から約半年ぶりとなるシングル。
aikoの楽曲で初めてとなるドラマタイアップである。

「ロージー」

ロージー
aiko 「ロージー」

aiko 「ロージー」は、2001年5月30日発売のaikoの8thシングル

「ロージー」は女性視点から男性の恋人に対する願望を歌った曲で、曲の最後でも彼に呼びかけるように「ロージー」とシャウトしている。作詞をした時点でaikoは「ロージー」を男の子の名前だと設定しているが、「ロージー(Rosie)」は一般的には女の子の名前である。

「初恋」

初恋
aiko 「初恋」

aiko 「初恋」は、2001年2月21日発売のaikoの7thシングル

aiko「初恋」はaikoが東京に上京し、地元にいる恋人の事を綴った曲である。

「ボーイフレンド」

ボーイフレンド
aiko 「ボーイフレンド」

aiko「ボーイフレンド」は、2000年9月20日発売のaikoの6thシングル

「桜の時」

桜の時
aiko 「桜の時」

aiko「桜の時」は、2000年2月17日発売のaikoの5thシングル

aikoのシングル・アルバム発売曲の中で唯一、ジャケットがaikoの写真ではなく、絵を使用している。なお、ジャケットの絵を作ったのはaikoであり、落款付きの肖像画。裏ジャケットの「ブランコと虹」の絵もaikoが書いている。歌詞カードは和紙風となっており、記述は行書体になっている。

アルバム『桜の木の下』に収録されている。カルピス乳酸菌飲料「カルピスウォーター」CMソングであり、「花火」、「桃色」に次いで3作連続のCMタイアップとなった。

「カブトムシ」

カブトムシ
aiko 「カブトムシ」

aiko 「カブトムシ」は、1999年11月17日発売のaikoの4thシングル

TBS『CDTV』1999年12月期エンディングテーマ、フジテレビ『ジョビれば!?』エンディングテーマ
aiko 「カブトムシ」のPVは「イメージスタジオ109」で撮影され、監督は大熊一成が務めた。

「カブトムシは昆虫では1番強いとされる存在だが、甲羅1枚剥がすだけで柔らかくなって脆くなり、実は寂しい昆虫では無いか」とaikoは捉え、自分を守る為でもあるが虚勢を張って恋する自分をカブトムシに例えて歌っている。

「花火」

花火
aiko 「花火」

aiko 「花火」は、1999年8月4日発売のaikoの3rdシングル

テレビアニメ『まっすぐにいこう。』のエンディングテーマ。aikoがテレビアニメのEDテーマを務めるのは今作が初となった。

aiko「花火」のPVは「イメージスタジオ109」にて撮影。