こちらのページでは、Mr.ChildrenのPV/MP3一覧を見ることができます。


TOP > Mr.ChildrenのPV無料視聴動画

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆Mr.Children 放たれる、無料動画がタマりませんね!

Mr.Children 放たれる【放たれる】 Mr.Children
平成26年5月24日発売
☆5月24日の誕生花、誕生石: 【フランスキク 、寛大,忍耐】 、【ホワイト・ムーンストーン、計画】
配信限定バージョンのシングル曲
映画主題歌に抜擢 映画:青天の霹靂
約1年ぶりとなる待望の新曲(前作は≪REM≫)
スポンサーサイト

常套句

[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付) Mr.Children 「常套句」
2012年11月28日発売 Mr.Childrenの17作目のアルバム『blood orange』収録曲。
フジテレビ系テレビドラマ『遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜』主題歌。

Marshmallow day

[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付) Mr.Children 「Marshmallow day」
2012年11月28日発売 Mr.Childrenの17作目のアルバム『blood orange』収録曲。
資生堂「MAQuillAGE」CMソング。

hypnosis

[(an imitation) blood orange](初回限定盤)(DVD付) Mr.Children 「hypnosis」
2012年8月29日発売 Mr.Childrenの4作目の配信限定シングル。
2012年11月28日発売のアルバム『blood orange』収録。
日本テレビ放送網系列『トッカン -特別国税徴収官-』主題歌。

祈り ~涙の軌道

祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces
Mr.Children 「祈り ~涙の軌道」

PV無料視聴曲 Mr.Children 「祈り ~涙の軌道」
2012年4月18日発売 Mr.Childrenの34枚目のシングル。
東宝系映画『僕等がいた』前篇主題歌。

「HANABI」

HANABI
Mr Children 「HANABI」

Mr Children「HANABI」は、2008年9月3日発売のMr.Childrenの33rdシングル。

フジテレビ系テレビドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』主題歌。
PVの監督には、大喜多正毅が「Sign」以来約4年ぶりに起用された。

「エソラ」

SUPERMARKET FANTASY [通常盤]
Mr Children 「エソラ」

Mr Children「エソラ」は、2008年12月10日発売のMr.Childrenの15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録曲。

本作の雰囲気を象徴する曲であり、PVも制作された。
タイトルは「絵空事」からとられた。
歌詞が最後まで出来上がらなかったため、本作の中で最後に歌入れが終わった曲である。
仮タイトルは「貨物船」で、アレンジは元々別のものであったが、桜井がラジオでふと耳にした「君の瞳に恋してる」に感銘を受けそれを踏襲した非常にポップなアレンジに修正したという。
PVの監督はジャケットデザインを担当した森本千絵と児玉裕一からなる「こだまgoen°」が務めており、終盤には片桐仁(ラーメンズ)が数秒だけ出演している。ちなみにこのPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 09」で「BEST ART DIRECTION VIDEO」を受賞した。

「GIFT」

GIFT
Mr Children 「GIFT」

Mr Children「GIFT」は、2008年7月30日発売のMr.Childrenの32ndシングル。

Mr Children「GIFT」は、NHK北京オリンピック・パラリンピック放送テーマソング。
Mr Children「GIFT」のPVは丹下紘希が手がけており、終盤に登場する虹はCGではなく意図して出現させた本物の虹である。ちなみにこのPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 09」で「BEST CREATORS' CHOICE」を受賞した。

「花の匂い」

SUPERMARKET FANTASY [通常盤]
Mr Children 「花の匂い」

Mr Children「花の匂い」は、2008年10月1日発売のMr.Childrenの配信限定シングル。

東宝系映画『私は貝になりたい』(2008年版)主題歌。
PV(半崎信朗監督)はMr.Childrenでは初のアニメーション映像(クレイアニメのPVには「HERO」がある)で、タイアップと関連して戦争に巻き込まれた家族を描いている。
Mr Children「花の匂い」は、1ヵ月後に発売された『SUPERMARKET FANTASY』でCD初収録となった。


「旅立ちの唄」

旅立ちの唄
Mr Children 「旅立ちの唄」

Mr Children「旅立ちの唄」は、2007年10月31日発売のMr.Childrenの31stシングル。

東宝系映画『恋空』主題歌、NTT東日本CMソング。
曲は桜井が2週間ほどの旅行の際にホームシックにかかってしまったときに浮かび、「早くレコーディングしたい」と早急にメンバーを集めてレコ-ディングを行った。
CMやランキング番組などではPVの「旅立ちの唄 LIVE Ver.」として日産スタジアム公演で披露された映像や『恋空』のシーンを組み合わせた映像が使われている。

「彩り」

HOME(通常盤)
Mr Children 「彩り」

Mr Children「彩り」は、2007年3月14日発売の、Mr.Childrenの13thアルバム『HOME』収録曲。

オリンパス「デジタル一眼レフカメラ E-410」CMソングで、タイアップは発売後に決まった。
本作の核でアルバム制作のきっかけになった曲でもあり、この曲が出来てから他の曲が次々に生まれたという。
森本千絵によるアートディレクションの下、丹下紘希によるオリジナルのPVも作られ、「フェイク」に続いてメンバーが全員出演した。

「フェイク」

フェイク
Mr Children 「フェイク」

Mr Children「フェイク」は、2007年1月24日発売のMr.Childrenの30thシングル。

東宝系映画『どろろ』主題歌。
前作から一転しデジタル音、テクノ調を前面に押し出したメロディーで、歌詞も含めて攻撃的な曲となっている。
PVの監督は前作に引き続いて丹下紘希が務めており、メンバー全員がPVに出演するのは「Worlds end」以来。PVはこれとは別に『どろろ』バージョンも存在しており、主に『どろろ』公開中に流されていた。

「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」

しるし
Mr Children 「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」

Mr Children「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」は、2006年11月15日発売のMr.Childrenの29thシングル。

松竹系映画『幸福な食卓』主題歌。
「くるみ」を2005年に披露されたライブバージョンを基に新たに録り直した曲で、当初は「箒星」のカップリング曲候補であった。
FM802の特設ホームページで当曲を使った特別映像が公開されていた。

「ひびき」

しるし
Mr Children 「ひびき」

Mr Children「ひびき」は、2006年11月15日発売のMr.Childrenの29thシングル。

桜井によると自転車に乗っているときに頭に浮かんだらしい。
タイトル候補に「クラッカー」や「響き」があったが、最終的に鈴木の一言で「ひびき」に決定した。
後にカップリング集アルバム『B-SIDE』のプロモーション用にPVが作られ、PVには『Kind of Love』が登場している。

「しるし」

しるし
Mr Children 「しるし」

Mr Children「しるし」は、2006年11月15日発売のMr.Childrenの29thシングル。

日本テレビ系ドラマ『14才の母』主題歌。
演奏時間はMr.Childrenのシングル曲では最長の約7分12秒。
桜井はこの曲について「両極の物語の中心にある『愛』とかいうもの、それを実感してもらえたらと願っています。最高のラブソングができました」とコメントしている。
PV(丹下紘希監督)撮影の際はエキストラの老人や赤ん坊の登場するシーンも撮られたがカットされ、曲に込められたメッセージを感じてもらいたいという理由で桜井のみの出演に変更された。CMでは桜井のみのバージョンとメンバー全員が出演しているバージョンが存在する。ちなみにこのPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 07」で「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つの賞を受賞した。この2つの賞の受賞は「SPACE SHOWER Music Video Awards 04」での「くるみ」以来。

「Worlds end」

I LOVE U
Mr Children 「Worlds end」

Mr Children「Worlds end」は、2005年9月21日発売のMr.Childrenの12thアルバム『I ♥ U』収録曲。

PVが制作されている。
桜井はこのアルバムで一番の自信作と語っている。
歌詞カードの配列は地球と飛行機雲。

「ファスナー」

It’s a wonderful world
Mr Children 「ファスナー」

Mr Children「ファスナー」は、2002年5月10日発売のMr.Childrenの10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録曲。

Mr.ChildrenとPVやライブ映像などで関わりの深い映像作家の丹下紘希は、この曲をモチーフに劇場用中篇映画「FASTENER」を撮影した。
スガシカオの作風を意識して作られている。スガ本人も気に入っているらしく、ドキュメンタリー映画「Mr.Children / Split The Difference」ではスガと共演してこの曲が披露されているほか、Split The Differenceで披露したバージョンの新録版がスガのベストアルバム「Sugarless II」に収録される予定となっている。
歌詞の中に「ウルトラマン」「仮面ライダー」が登場する。

「ラヴ コネクション」

Atomic Heart
Mr Children 「ラヴ コネクション」

Mr Children「ラヴ コネクション」は、1994年9月1日発売のMr.Childrenの4thアルバム『Atomic Heart』収録曲。

ローリング・ストーンズを意識して作った曲で、「ライブで盛り上がれる曲を作ろう」というコンセプトで制作された。PVもローリング・ストーンズの「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」を意識したつくりになっている。
後に「Tomorrow never knows」のカップリング曲として収録された。
『Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY』では「声」のショートバージョンの後、1曲目として演奏された。
曲の終了後、曲間なしで次の曲に移る。
仮タイトルは「What Do You Want」。

「ボレロ」

BOLERO
Mr Children 「ボレロ」

Mr Children「ボレロ」は、1997年3月5日発売のMr.Childrenの6thアルバム『BOLERO』収録曲。

アルバムのタイトル曲。
タイトルや作風はモーリス・ラヴェルのボレロから。
オーケストレーションとバンド・サウンドを合わせた曲。
1曲目「prologue」と同様厳密には本物のボレロは3拍子であるが、4拍子にアレンジされている。
PVではオーケストラに囲まれた桜井が終始椅子にもたれながら一切楽器を弾かずに歌っている。

「箒星」

箒星 (通常盤)
Mr Children 「箒星」

Mr Children「箒星」は、2006年7月5日発売のMr.Childrenの28thシングル。

TOYOTA「トビラを開けよう」キャンペーンCMソング。
意図的にネガティブな歌詞とポジティブな歌詞がめまぐるしく入れ替わっており、CMでのみ使われた歌詞も存在する。
メンバーは「もうこの歳で歌うような曲じゃない」といった趣旨の発言をしている。

「ランニングハイ」

四次元 Four Dimensions
Mr Children 「ランニングハイ」

Mr Children「ランニングハイ」は、2005年6月29日発売のMr.Childrenの27thシングル「四次元 Four Dimensions」収録曲

東映系映画『フライ,ダディ,フライ』主題歌。
ストリングス、ピアノ、アコーディオンや電子音なども取り入れられている。桜井はレコーディングの時は体調があまり良くない状態だったが、本人曰く「この曲を作るためには必要な体調の悪さだった」。
仮タイトルは「歪み(ひずみ)」。

「and I love you」

四次元 Four Dimensions
Mr Children 「and I love you」

Mr Children「and I love you」は、2005年6月29日発売のMr.Childrenの27thシングル「四次元 Four Dimensions」収録曲

日清食品「カップヌードル "NO BORDER"」CMソング。

「未来」

四次元 Four Dimensions
Mr Children 「四次元 Four Dimensions」

Mr Children「未来」は、2005年6月29日発売のMr.Childrenの27thシングル「四次元 Four Dimensions」収録曲

歌詞はかつて思い描いていた「未来」とやるせない「現在」を比較しながら最後には希望を持つというものである。
PV(伊藤由美子監督)には「ポカリスエット」のCMにも出演していた綾瀬はるかと平岡祐太が出演している。

「Sign」

Sign
Mr Children 「Sign」

Mr Children「Sign」は、 2004年5月26日発売のMr.Childrenの26thシングル

TBS系ドラマ『オレンジデイズ』主題歌。
ドラマの台本を読んでから楽曲製作に取り掛かったため歌詞の内容もドラマに沿ったものとなっているが、直接の表現はなくあくまでもこの時期の桜井の心情が顕著に表れている。「ありふれた日々を大切に」という『シフクノオト』を凝縮させたような歌詞となっている。
PVはメンバーのスタジオ演奏の映像とシンプルなPVとなっている。監督は大喜多正毅で、元々は本作のCM用映像の撮影だったが、出来がよかったためPV用の映像に編集された。

「くるみ」

掌 / くるみ
Mr Children 「くるみ」

Mr Children「くるみ」は、2003年11月19日発売のMr.Childrenの25thシングル

Mr.Children唯一の両A面シングル。
桜井は「最初はそう思わなかったけど、この曲がMr.Childrenの原点のような気がする」と語っている。
メロディーは桜井が風呂に入っている時に思いついたものである。
タイトルは「これから来る未来」を「くるみ」という人物に擬人化したもの。

PV(丹下紘希監督)は架空のバンドである「Mr.Adults」が登場し、終盤で桜井が「Mr.Adults」のメンバーが捨てた同バンドの名前と一緒に「Mr.Children」と書かれた紙を拾い、画面に「1989年 Mr.Children結成前日。(One Day Before The Band "Mr.Children" Started.)」のテロップが出て立ち去る桜井の後姿で終わるストーリー性のあるものである。このPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 04」で、「BEST VIDEO OF THE YEAR」と「BEST GROUP VIDEO」の2つの賞を受賞した。メンバーも「くるみ」のPVが一番好きと公言している。

2007年には松竹系映画『幸福な食卓』の主題歌にもなり、こちらはアレンジを変更し「くるみ - for the Film - 幸福な食卓」として、「しるし」のカップリングに収録された。

「掌」

掌 / くるみ
Mr Children 「掌」

Mr Children「掌」は、2003年11月19日発売のMr.Childrenの25thシングル
Mr.Children唯一の両A面シングル。
テーマは「違うことを前提として人は認め合うことができるのか」で、戦争のことでもあるが、ありふれた日々の食い違いのことでもある。

「HERO」

HERO (通常盤)
Mr Children 「HERO」

Mr Children「HERO」は、 2002年12月11日発売のMr.Childrenの24thシングル

親から子へ向けたラブソングである。


PV(監督:村田朋泰)はMr.Childrenでは初のクレイアニメで、このPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 03」で「BEST ANIMATION VIDEO」を受賞した。

「Any」

Any
Mr Children 「Any」

Mr Children「Any」は、 2002年7月10日発売のMr.Childrenの23rdシングル

タイトルの「Any」は「どんなとき(こと)でも」という意味で(歌詞中にanyは出てこない)、どんなことがあっても乗り越えていこうという桜井の思いが込められている。
桜井はこの曲を病床で聴いた際に「歌詞に込めたメッセージがまさか自分を励ますことになるとは思っていなかった。」と語っている。
PV(丹下紘希監督)は赤ん坊を抱えた家族、幼稚園児、中学生、青年たちが次々と現れて、人の成長を感じさせるものとなっている。
歌詞中の「12色の心」とはピアノの鍵盤で1オクターブ分は白鍵と黒鍵合わせて12個だからという話もある。

「君が好き」

君が好き
Mr Children 「君が好き」

Mr Children「君が好き」は、2002年1月1日発売のMr.Childrenの22ndシングル

フジテレビ系ドラマ『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』挿入歌。
PVは病気の治療(というより延命)のために病院内の隣同士の部屋に隔離され、お互いに恋心を抱くもガラス越しにしか触れ合う事の出来ない男女を、彼らを哀れんだ桜井が不思議な力を使って解き放ち、初めて直接触れ合えた男女が病院の外に出たところで全てを見届けた桜井が他のメンバーの乗る車に入る、というものである。このPVには窪塚洋介が出演している。

「youthful days」

youthful days
Mr Children 「youthful days」

Mr Children 「youthful days」は、2001年11月7日発売のMr.Childrenの21stシングル

フジテレビ系ドラマ『アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~』主題歌。
このドラマには、主題歌の他に過去の曲が挿入歌として使用されたり、当時未発売だった「君が好き」がエンディング曲に使われるなど、至る所でMr.Childrenの楽曲が使用された。
歌詞は金城一紀の『GO』を読んだ桜井が物語に登場する主人公とヒロインをイメージして書いたもの。2番のサボテンの歌詞は桜井の実話に基づいている。
この曲からPVの監督に丹下紘希を起用することが多くなった。ちなみにこのPVは、「SPACE SHOWER Music Video Awards 02」で、「BEST GROUP VIDEO」を受賞した



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。