PV無料視聴ONLINE


スポンサードリンク

≪あいみょん≫貴方解剖純愛歌 ?死ね?

≪あいみょん≫貴方解剖純愛歌 ?死ね?┃イメージ画像
≪あいみょん≫貴方解剖純愛歌 ?死ね?11あいみょんは、「君はロックを聴かない」でブレイクし、いまや、「マリーゴールド」が大ヒットしていますが、はるか4年ほど前に発表されたのが、この曲です。リリックをLINEでつくるという意表を突く表現方法、さらには、何といってもその歌詞が刺激的です。異常までの愛情が、異常なまでのリリックで表現されています。さらに、「死ねー」という歌詞の連呼、耳になじみやすく、覚えやすいロック調のメロディーライン。一度聴いたら忘れられないはずです。映像上での演出では、LINEの書き込みに次々とリリックが登場し、刺激的な言葉がグサグサと刺さってきます。この人、大丈夫か?と思わせるほど。しかし、そこには今に至る原石としてのあいみょんがいます。「マリーゴールド」であいみょんを初めて知った人には刺激的すぎるかもしれませんが、ぜひ視聴して欲しいと思います。刺激な歌詞を、こっちの懐に飛び込んでくるメロディーにのせて歌い上げるあいみょんにアーティストとしての凄みを感じます。

■DA PUMP U.S.A▽youtubeでルンルンです♪

■DA PUMP U.S.A▽youtubeでルンルンです♪┃イメージ画像
■DA PUMP U.S.A11久々にDA PUMPの曲をテレビで聞いて、急いでYouTubeで聞きました。耳に残りやすいメロディとサビでのダンスの覚えやすさが特に良いと思いました。また、ボーカルのISSAくんが大変な大ケガをしたと聞きましたが、昔と変わらないキレのあるダンスと美しい歌声、ブレない歌唱力、とても懐かしく、感動しました。新しいダンサーのメンバーさんも改めて見て、この曲に合っていて、メンバーの脱退、変更もありましたが、良い形になったのではないでしょうか。その上で、新しくこのメンバーで、また注目を浴び、次に続く道筋のようなものが出来たのでは、と思います。今後とも、ますますのご活躍をお祈りしております。ケガのこともありますので、無理なくですが。

《星野源》アイデア☆無料で動画がチョー最高!

《星野源》アイデア☆無料で動画がチョー最高!┃イメージ画像
《星野源》アイデア11星野源さんが好きなのと、朝ドラの主題歌で毎朝よく耳にしていますが、時間帯や気持ちの状況に関係なく、どんな時でも聴ける耳馴染みのよさ。そしてさらに最近子どもの運動会で使われることが決まり、この曲が流れると子どもがとても楽しそうにはしゃぎ、踊り出すようになったのが面白かわいくて、家族でよく聴いています。あさイチのプレミアムトークで星野源さんが[自分の自己紹介になるような歌にしたかった]とおっしゃっていたことから、PVやダンスも細部まで丁寧にこだわって作られていることもとても印象的でした。バラードのようなしっとりした歌ではないですが、朝ドラの主題歌としてだけでなく、どの世代にもこれからも長く愛される曲になるのではないかと思っています。

☆星野源 アイデア

☆星野源 アイデア┃イメージ画像
☆星野源 アイデア11この曲は、いま話題の朝の連続ドラマ『半分、青い』で初めて聴きました。ドラマのいいところで曲が流れてくれるんです。そして今ではこの曲を聴かないと朝が始まった気になれません。この曲の特徴はスッキリとワクワク感のある曲でぎゅっと詰まったそして朝から楽しい気分にさせてくれます。また星野源さんの声も曲にあってて好きです。途中で音楽が止まるのも新しい形だなと思いました、PVを見てたら音楽が止まる所は、そういうことねと納得しました。そのPVの振り付けは三浦大知さんが手掛けたそうでとても切れのあるダンスもみどころではないかと思います。1曲にぎゅっと詰まってて音楽がガラッと変わったかと思えばすぐ戻って来てくれて、ホッとするそんな曲が大好きです。

【N akamura Emi】YAMABIKO、PV動画を見たいですよね?はい、こちらから!

【N akamura Emi】YAMABIKO、PV動画を見たいですよね?はい、こちらから!┃イメージ画像
【N akamura Emi】YAMABIKO11彼女の歌声をライブで最初に聞いた時、耳も心も一瞬で奪われた。小さな体から発せられる歌声は伸びやかで、芯があって、矢のように私に突き刺さった。病気をして、なかなか子供も授からず、周りの友達と自分を比べていて、なんでなんでと思っていた私。自分の道を進めばいい。時に引き返してもいい。人それぞれで比べることはない。そんな、歌詞達が響いて自然と涙が溢れていた。力強い歌声にエールをもらった気がした。ギターのコードもスタイリッシュで、耳に残る歌声とメロディーは、何度も聴きたいと思わせてくれ、YouTubeでもカーステレオでも聴いている。人と自分を比べてしまいそうな時、仕事に自信が持てない時、聴くと勇気と希望を与えてくれる曲である。

≪B'z≫LOVE PHANTOM

≪B'z≫LOVE PHANTOM┃イメージ画像
≪B'z≫LOVE PHANTOM11B'zが好きになったのは、友人が好きだったからなのですが、この曲は、B'zで初めて興奮した曲です。イントロは少し不安を煽るような、また少し寂し気な曲調ですが、いきなりロックな感じに入っていくところが好きです。そして、稲葉さんのあの声で歌詞がスタート。稲葉さんのシャウトしているようなあの声、そして松本さんのギターテクニック。聞いていて、ほれぼれしない人はいないんじゃないか、と思ってしまいます。歌詞の自暴自棄な様子が稲葉さんのシャウトに合っている。ライブに行った際、この曲のラストで稲葉さんがダイブしたのを見れたときは、感動で涙でした。B'zの曲で、好きな曲はたくさんありますが、私の中で、B'zといえば、この曲です。一人で家飲みをしているときは、時々 この曲を大音量でかけ、エアギターをして楽しんでいます。

▽C-C-B スワンの城

▽C-C-B スワンの城┃イメージ画像
▽C-C-B スワンの城11松本隆、筒美京平といった最高の歌詞、作曲家の元に作られたこの楽曲は、ベストアルバムや皆さんが知っているヒットした曲から外されたある意味ファンの中のファンでないと、レコードかカセットテープでは存在するがCD化されなかった隠れ名曲です。通常バージョンとリミックスバージョンとあり、とくにリミックスバージョンは手に入れることができません。(レコード会社もよく放っといているなと思われるほど。)C-C-Bと言えば、最新の楽器を集めリミックスバージョン、12インチバージョンを出し、男性でもバンドを組む際コピーするのにとてもよく参考になる難しいと言われていたほど、馬鹿にできないバンドでした。シングルカットもされず、アルバムにもリミックス版など収録がない隠れた名曲です。

◆欅坂46 二人セゾン

◆欅坂46 二人セゾン┃イメージ画像
◆欅坂46 二人セゾン11現在はハード系、カッコいい系、挑戦的な曲が多く、「笑わないアイドル」とも言われていたことがある欅坂46ですが、こういうしなやかな曲も見事に表現できているところがすごいなと思って気に入っています。二人セゾンはメロディラインがとても美しくなじみやすく心地よく耳に残ります。歌詞も「君」によって変わる「僕」をとても綺麗にまとめていて、秋元康ってすごいよなーと思わされます。PVはこの曲の世界観をしっかりとあらわしていて、特に曲終わりの後奏あたりの演出(メロディにあわせて風景なども交えた画面が切り替わるところ)が秀逸で、とても惹かれます。最近のハードな曲もいいし、アイドルの中では欅坂46にしか表現できないだろう曲も多いと思いますが、またこういう繊細な感じの曲も出して欲しいと思います。

[つじあやの]シャ・ラ・ラ

[つじあやの]シャ・ラ・ラ┃イメージ画像
[つじあやの]シャ・ラ・ラ11つじあやのさんの声が好きで聞き始めました。サザンオールスターズさんの曲だったんだとは知らずにずっと聞いていました。奥田民生さんとのコラボレーションのこの曲がなんだかいつ聞いても心を打たれます。透き通ったつじあやのさん声と奥田民生さんの太い声がはじめは合うのかな?と思ったのですが、これが何とも言えないコラボレーションです。ほかの方も何人もカバーされていますが、私はやはりつじあやのさんが好きです。PVも何度見ても泣かされるくらいとってもいいです。レゴが動いて物語をすすめていくのですが、最後はボロボロ泣いて画面が見えなくなるくらい私は何時も号泣してしまいます。頭を空っぽにしてボーとして聞くと気分も落ち着いて明日も頑張らないと!と思わせてくれる歌です。

◆浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS Ginger Shaker

◆浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS Ginger Shaker┃イメージ画像
◆浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS Ginger Shaker11どんどん進化していく浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSの2ndアルバムの中の1曲です。 アルバム発売前にLIVEで演っていて、浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSでは珍しいメロウな曲調と切ない歌詞で「強くなくちゃ生きてゆけぬ」は心に沁みてきます。辛いこと、悲しいことがあってへこんでても頑張って生きていくこうと背中を後押ししてくれ、勇気づけられます。 この曲は、去年の夏に亡くなった母のこととリンクしてしまい、LIVEで聴くたびに涙が流れてしまう、私にとってはとても思い入れの深い曲です。歌詞の内容は聴いた人それぞれが受け止め方が変わってくる余白を持たせてくれていて、いろんな人の心に響いてくると思います。